前立腺という言葉は知っているけど、実際、どこにあって、どんな働きをしているのか、知らない人もけっこう多いのではないでしょうか? そもそも前立腺とは何かというと、男性の膀胱の下にある生殖器のことです。 女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)には前立腺はなく、男性だけに存在している生殖器だといわれています。 前立腺は、膀胱の出口、膀胱の下にあり、尿道を取り囲むような形で存在しています。 前立腺の大きさは、栗くらいの大きさだといわれており、形もちょうど栗のような形をしているのです。 どのような働きをするのかといいますと、前立腺は前立腺液という液を分泌します。 そして、その前立腺液が精液の一部となりますが、前立腺がないと精子を作る事ができません。 前立腺にはこういう働きがあるだけで、そのほかの働きや仕組みなど、まだわからないことも多いといいます。 そのため、前立腺は「未知の臓器」とも呼ばれているようです。 また、前立腺と言えね、前立腺癌や前立腺肥大などの病気が有名ですね。 これらの病名から、前立腺と言う臓器のことを知った人も多いでしょう。 近年では、前立腺がんの患者(同じ病気にかかっても、人によって症状の出方は畭なるものですし、治るかどうかも違ってきます)さんが増えてきているといわれています。 前立腺がんは、高齢になると発症しやすくなりますし、肉をたくさん食べて野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)をあまり食べないという食生活も原因となります。 食生活(親の影響を大きく受けやすいため、肥満の親に育てられると子どもも肥満になりやすいです)には気をつけ、排尿時に何らかの症状が現れたら、一度病院で診てもらうようにします。 前立腺がんや前立腺肥大(電子メスやレーザーを使って治療を行うこともあります)以外でも、前立腺炎の可能性があるのですー